千葉市中央区 インプラント おぎはら歯科クリニック
おぎはら歯科クリニック

おぎはら歯科クリニック

千葉市中央区 おぎはら歯科クリニック
おぎはら歯科クリニック

おぎはら歯科クリニック

お困りの方は
おぎはら歯科クリニックへお任せください。

おぎはら歯科クリニックが
ご用意する8つのお約束

おぎはら歯科クリニック
日本口腔インプラント学会 専門医

荻原 道

公益社団法人日本口腔インプラント学会とは会員数1万人を超える日本最大規模のインプラントの学会です。
日本口腔インプラント学会認定インプラント専門医は、全国の歯科医師の0.8%と限られており
インプラント治療の知識や技術、経験について、診査・試験を経て合格した歯科医師に交付される希少な資格です。

院長紹介
DOCTOR

最高レベルの治療を通じて、患者様の健康で幸せな人生に貢献する

こんにちは。
千葉県千葉市中央区にある、おぎはら歯科クリニック、院長の荻原道です。
当院は千葉県でもっとも早く1976年よりインプラント治療を開始したクリニックで、私の父よりその思いを受け継ぎました。

医院理念を「最高レベルの治療を通じて、患者様の健康で幸せな人生に貢献する。」としています。 私が治療をする上で大切にしている事は、「心も身体も健康になってもらいたい。」ということです。
食べるものから私たちの身体はできており、健康な歯を保つことは、全身の健康と深く関係しています。 歯の治療をして、健康になり、笑顔になり、幸せな人生を送る一助となりたい。そう考えております。

当院では歯科用CT による診断、コンピューターガイデッドサージェリー、骨造成手術、抜歯即時埋入、光機能化インプラント、静脈内鎮静法、など、あらゆる手術にベストの対応ができる技術と設備を整えております。 そして皆様に最適な方法を提案させて頂くために常に新しい技術を習得しております。

患者様のお口の中や健康状態、ご希望などは様々です。 コミュニケーションを大切にし、計画は患者様と一緒にカウンセリングを通して考えていきます。

皆さまに心から喜んで頂ける治療が行えるよう心掛けておりますので、ぜひお気軽にご相談にいらしてください。

歯科医師
荻原道

日本口腔インプラント学会専門医

経歴

2005年 東京歯科大学 卒業
2005年 東京歯科大学千葉病院総合診療科
2006年 荻原歯科口腔外科(現:おぎはら歯科クリニック)
2006年 おぎはら歯科クリニック院長就任
2021年 医療法人社団幸道会 設立
日本口腔インプラント学会会員
日本口腔インプラント学会認定医コース終了
国際口腔インプラント学会(ICOI)会員
日本顎頭機能学会会員
Innova・endopore インプラントシステム認定医(カナダ)
AHA(アメリカ心臓協会)公認 BLS(一次救命処置)プロパイダー
日本口腔インプラント学会 専門医資格取得
ノーベルバイオケア社 認定医

院長ブログ

丁寧な手術と
アフターフォローであなたの健康な
人生をサポート致します。

千葉市中央区の歯医者「おぎはら歯科クリニック」です。
――患者様の口腔内の健康を取り戻し、今以上に快適に過ごしていただきたい――
そんな想いで一般的な歯科治療のみならず、あらゆる症例に対応できるよう日々研鑽を積んでおります。

患者様にとって、外科手術をともなう治療は大変不安なことと思います。
どうぞ安心して千葉市中央区の歯医者「おぎはら歯科クリニック」へご来院ください。
また、衛生面に配慮したオペ室も完備しており、
医療設備に関しても万全を期しています。

インプラント治療は手術だけではなく、
その後のアフターフォローがとても大切です。
インプラントを長持ちさせる、いつまでも快適にお使いいただくためには
しっかりとした治療計画、定期メンテナンスが不可欠です。
いつまでも美味しくお食事がいただけるように、
健康な人生をお過ごしいただけるように、
しっかりとサポートさせて頂きます。

実績

千葉県千葉市中央区で
40年前からインプラント治療を
行っております。

安心

まずはインプラント治療の
無料個別カウンセリングへ。
明るい未来をお約束いたします。

専門性

日本口腔インプラント学会専門医として、
難症例にも対応しております。
ぜひ一度ご相談ください。

診療方針はこちらから

アクセス
ACCSESS

千葉市中央区の千葉中央「おぎはら歯科クリニック」は、
JR千葉駅から徒歩5分、京成線千葉中央駅からも徒歩2分と通院に便利な場所にあります。
また、土曜診療も行っており、平日お仕事などで忙しい方にも通いやすい医院づくりに努めております。
お口にお悩みがありましたら、どんな些細なことでも結構ですのでお気軽にご相談ください。
お悩みの症状を回復するためにただ単に治療を行うのではなく、
患者様とのコミュニケーションを重視して親身に対応いたします。

page