千葉市中央区 インプラント おぎはら歯科クリニック
おぎはら歯科クリニック

千葉市中央区 おぎはら歯科クリニック
おぎはら歯科クリニック

先進的なインプラント手術設備CT

先進的なインプラント手術設備CT

CTを完備し詳細の状態を把握

インプラント治療を行う際には、CT検査は必須です。よくネットなどで「骨がないから気ンプラントは出来ないと言われた」のような表記を目にしますが、インプラント治療を行う上で骨の量や質は重要な検査項目です。
骨が不十分のまま手術を行えば、手術の成功率が低くなるか、手術ができたとしてもインプラントの生存率(そのインプラントの寿命)が短いものになります。そのような場合には、骨を増やす手術(GBR,サイナスリフト、ソケットリフトなど)を一連の手術計画に入れる事を検討します。

また当然、手術では安全面が最優先となります。顎の中を通る血管や神経を傷付けてしまった場合、後遺症が残るなどの医療事故となります。安全に手術を行うためには事前に血管や神経の位置関係を把握し、手術のリスクが高いと判断した場合には手術方法を再検討するか、コンピューター制御により血管や神経を傷付けないよう正確に手術を行います。

当院のCTはカボ社(ドイツ)の物を導入しており、被爆が少なく精度が高いのが特徴です。また撮影して即座にインプラント手術のシュミレーションも可能なため、患者様には治療の計画や手術後の状態をすぐにご案内できるよう心掛けております。

page