千葉市中央区 インプラント おぎはら歯科クリニック
おぎはら歯科クリニック

千葉市中央区 おぎはら歯科クリニック
おぎはら歯科クリニック

院長ブログBLOG

院長ブログBLOG

院長ブログ

2018.08.21

サイナスリフトのオペ

本日はサイナスリフトというインプラントに関わる治療方法をご説明いたします。
サイナスリフトとは上顎に骨がなくインプラントが出来ない場合に、
上顎洞という鼻の空洞を開き、そこに骨を移植する手術です。

上顎洞の粘膜を頬っぺた側からそっと剥がしていくのですが、
その粘膜は卵の薄皮に例えられるくらい薄く、繊細な操作が必要です。

若い頃には生卵を買ってきて、薄皮を破らないで殻を剥く練習をしたものです。
毎日卵料理の晩御飯だった頃が懐かしく思い出されます、笑。

オペの内容にもよりますが、スムーズにいけば短時間で手術は終わります。
以前のケースでは、術後のレントゲン検査で20mmの厚さの骨が出来ている事が確認できました。
20mmのインプラントは実際には使いませんが、十分な結果です。

手術後のレントゲンの確認で、患者様と喜びを共にしました。
この瞬間が医療に携わる者として最高の喜びです!

他のオペの例ですが、サイナスリフトの流れをご紹介いたします。

一つ目の写真が術前、右上奥歯(レントゲンでは左になります)に全く骨がありません。

これではインプラントを埋入するための骨が十分でないためインプラントは入れられません。

二つ目の写真がサイナスリフト後です。

レントゲンの左上の部分に白いかたまりのような部分が出来ています。
骨が分厚く出来たのが分かると思います。

三つ目の写真が実際にインプラントを入れたレントゲンです。

ノーベルバイオケア社のリプレイス4.3mm×13mmが入りました。

長さも太さも十分です、十分に長持ちしてくれると思います。
きちんとお手入れしてもらい、ぜひ一生使ってもらいたいですね!

おぎはら歯科クリニックでは衛生士が担当制でインプラントの
手術後のメンテナンスも行っています。

インプラントは機能面ではとても良い治療方法ですが、
手術後のメンテナンスがとても重要です。
当院は遠方から通って頂ける方も多いのですが、
手術からメンテナンスまで対応していることも選んでいただける1つのポイントだと思っています。

2018.08.21

コンピューターガイドの設計 りんご丸かじり出来る入れ歯の設計

おぎはら歯科クリニックも連休が終わり、
診療がスタートしていますが、皆様はどうお過ごしでしょうか?

本日は以前手術をした入れ歯の治療に関してお話いたします。

手術をされた患者様は、現在お使いの金属床義歯(上顎が金属で薄く作られている入れ歯)で、もっと硬い物も咬みたい、前歯で物をかじっても絶対に義歯が外れたくない、とのご希望により、インプラントを2本埋入しロケーターというアタッチメントで義歯を固定する事になりました。

通常であれば義歯も再作成になるのですが、患者様が今の義歯が大変気に入っており、今の義歯を改造して使いたいというご希望です。

金属床義歯はとても薄く出来ており、また金属の骨組みが入っているので、インプラントの配置がとても困難です。

ロケーターというアタッチメントを使用しますが、その許容角度が最大で40度までなので、骨の形状、義歯の内面の構造を考え、正確にインプラントを配置しないと義歯の着脱ができなくなります。

シムプラント(コンピューターガイド)上で義歯のデータをスキャンし、骨のデータに重ねて、義歯の内面のスペースと骨の関係を考えながらインプラントを配置していきます。(ダブルスキャン)

設計が出来ればサージカルステントといって、お口にピッタリ合う手術用の入れ歯のような物が出来上がってくるので、それをお口にはめ、空いている穴にドリルを入れて回転させるだけで正確にインプラントが骨の中に入ります。

歯肉にメスを入れる事もありません、とても短時間で正確に手術を行う事が出来ます。(フラップレス)

手術後には入れ歯がしっかりと固定されるので、患者様がリンゴ丸かじりが出来るようになります。

またゴルフをなさる方なので、飛距離も伸びるでしょうね。

患者様が喜んで下さる治療をこれからもしていきたいと考えています。

QOL(クオリティー、オブ、ライフ 生活の質)の向上、患者様の生き生きした人生、そして健康寿命の延長が、究極的な私の使命と考えております。

page